2022年度日本代表選抜 開催記録

項目一覧

代表

以下の5名の方が日本代表に内定いたしました。(五十音順)

α部門

大野智輝(麻布高校 1年)
齋藤元(東大寺学園中学校 3年)
佐藤希望(熊本大学教育学部附属中学校 3年)

β部門

塩田成陽(広島県立佐伯高等学校 3年)
孫翰岳(筑波大学附属駒場高校 3年)

注:α部門は2007年1月1日から2008年12月31日生まれの方、β部門は2004年1月1日から2006年12月31日生まれの方(但しいずれも中等教育を修了していない方)を、それぞれ対象としています。

表彰

基準

最優秀賞:全体で最も優秀な答案を提出された方に贈られます。
優秀賞:全体で2番目に優秀な答案を提出された方に贈られます。

金賞、銀賞、銅賞:優秀な答案を提出された方、約10名ずつ、合計約30名に贈られます。

・特別賞
ジュニア最優秀賞:α部門内で、最も優秀な答案を提出された方に贈られます。
大問別賞:それぞれの大問について、優秀な答案を提出された方に贈られます。
ユニーク賞:面白い視点や解法を用いた答案を提出された方に贈られます。

努力賞:答案を提出した方全員に贈られます。

なお表彰の対象となるのは、国際天文学オリンピックに選手として参加できる条件(年齢及び中等教育を修了していないこと)を満たしている方です。

受賞者

最優秀賞

孫翰岳(筑波大学附属駒場高校 3年)

優秀賞

塩田成陽(広島県立佐伯高等学校 3年)

金賞

小原亮太(海陽中等教育学校 6年)
菅原幸紀(宮城県仙台第一高等学校 3年)
奥山裕樹(栄光学園高等学校 2年)
末吉一輝(横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校 3年)
塩田成陽(広島県立佐伯高等学校 3年)
君和田大輝(慶應義塾湘南藤沢高等部 1年)
林慶一郎(灘高等学校 3年)
孫翰岳(筑波大学附属駒場高校 3年)
中村仁紀(灘高等学校 3年)
西村春人(滋賀県立膳所高等学校 3年)

銀賞

高原賢都(千葉県立東葛飾高等学校 1年)
谷彬(筑波大学附属駒場高校 3年)
塚原大輝(灘高等学校 2年)
久保山襟裳(神奈川県立横浜翠嵐高校 3年)
北村瑞輝(千葉県立東葛飾高等学校 3年)
大野智輝(麻布高校 1年)
齋藤元(東大寺学園中学校 3年)
金子明弘(土佐高等学校 1年)
川畑隆盛(ルネサンス高等学校 3年)
西村直哉(土佐高等学校 1年)

銅賞

下河邊太智(海城高等学校 2年)
豊田優雅(市川高校 3年)
神﨑洸緒(四天王寺東高等学校 2年)
山田優斗(武蔵高等学校 2年)
下橋以紗也(京都市立堀川高等学校 2年)
秦みのり(京都市立堀川高等学校 2年)
松野詠亮(高田高校 3年)
山元雄登(神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校 2年)
渡辺椋太(宮城県仙台二華高校 2年)
伊藤佑樹(静岡県立磐田南高等学校 3年)

ジュニア最優秀賞

大野智輝(麻布高校 1年)

大問別賞(大問1)

大野智輝(麻布高校 1年)

大問別賞(大問3)

金子明弘(土佐高等学校 1年)
西村直哉(土佐高等学校 1年)

大問別賞(大問4)

孫翰岳(筑波大学附属駒場高校 3年)

ユニーク賞

奥山裕樹(栄光学園高等学校 2年)
谷彬(筑波大学附属駒場高校 3年)

注:同賞内での記載順は、受験番号によっています。また、大問別賞(大問2)の該当者はおりません。

統計

グループαグループβその他合計
申し込み数(件)411548203
答案提出者数(人)1170283

注:α部門は2007年1月1日から2008年12月31日生まれの方、β部門は2004年1月1日から2006年12月31日生まれの方(但し中等教育を修了していない方)です。

代表選抜募集要項

第26回 国際天文学オリンピック概要

開催地:イタリア マテラ
時期:2022年10月(具体的な日付は決定次第お知らせいたします。)
期間:約10日間
費用:航空券代など一部費用を、企業や個人の寄付を財源として、運営委員会で負担する予定です。詳細が決定次第公開いたします。
代表定員:最大5名(2007年1月1日から2008年12月31日生まれの方 3名、2004年1月1日から2006年12月31日生まれの方 2名。いずれも中等教育課程未修了の方。)

代表選抜について

所定の申し込みフォームにご入力いただいたアドレス宛に、予選問題と解答用フォームをお送りします。解答用フォームに予選問題の答案を送信してください。参加は無料です。
国際大会参加資格を満たし、予選問題の成績が優秀だった方を第6回国際天文学オリンピックに派遣します。 予選問題の点数で人数が絞れない場合、オンラインでの面接により、意欲等をふまえた総合的な選考を行う可能性があります。
予選の申し込みフォームの締切: 2022/6/13 23:59
解答フォームの締切: 2022/6/14 23:59
※ 国際天文学オリンピック日本代表向けトレーニングイベント参加希望者、天文学オリンピックの問題を解いてみたい方もご応募いただけます。

関連イベント

天文学や天体観測の専門家を招いて日本代表向けトレーニングイベントを開催いたします。
日程等は日本代表内定者の希望をもとに決定いたしますが、第6回 国際天文学オリンピックに参加予定でない方にもご参加いただけるようにする予定です。 (時期回数については、8月に1度、可能であれば土日などを利用して複数回を計画しています。)
その際、人数制限があれば予選解答を提出してくださった方に優先的に参加していただきたいと考えています。

XXVI International Astronomy Olympiad

Location: Matera (Italy)
Dates: For around ten days in October 2022 (To be decided)
Fees: mostly going to be covered by the committee
Maximum number of delegates: 5, 3 persons born between January 1, 2007 and December 31, 2008; 2 persons born between January 1, 2004 and December 31, 2006
Selection Method: Qualifying questions and an answer form will be sent to the address you enter in this application form. By submitting your answers to the qualifying questions on the answer form, your application will be completed. If the number of applicants cannot be narrowed down based on the score of the qualifying questions, we may conduct a comprehensive selection based on the applicants' motivation.

Related Events

At least once in August, and possibly multiple times on Saturdays and Sundays if desired, we will invite experts in astronomy and telescopes for training events for the Japanese delegation.
We will give priority to the schedule of the selected representatives, but we plan to make these events open to those who are not going to participate in the 26th International Astronomical Olympiad. If there is a limit to the number of participants, we would like to invite those who have submitted their answers to the qualifying rounds to participate preferentially.

iaojapan

日本天文学オリンピック委員会